オンプレミスなwordpress環境構築

スポンサーリンク

おそらくwordpresを運用してる方の多くは、レンタルサーバやIaaS,PaaSと呼ばれるものを利用していると思います。
今回は、オンプレミスでwordpress構築までに行ったことを簡単にまとめていきます。
ちなみに、本ブログもオンプレミスで運用しています。

必要なもの

  • Linuxがインストールできる環境
     適当なPCでもHyperV上でもレンタルサーバでも大丈夫です。

  • グローバルIPアドレスとドメインの取得
     DDNSを利用すれば、グローバルIPアドレスは要りません。

  • SSL証明書
     httpsで運用するのでありれば、必要になります。グーグルさんもHTTPSをSEOで優遇するようにいっているので、本格的にやるのであれば導入すべきです。

Linuxにインストールする物

  • CentOS7.3(ubuntuでもfedoraなんでも可)
  • nginx 1.13.8
  • php 7.1
  • Mariadb 10.2.12
  • wordpress
  • wget,unzip,etc…

wordpress構築後の設定

  • wordpress初期設定
  • テンプレートの追加と設定
  • デザインの設定
  • セキュリティ設定
  • ページの読み込み速度の改善
  • バックアップの設定

最後に

とても簡単になってしまいましたが、これで運用ができています。
いろいろと準備するものはありますが、個人でWebサイトを公開するのは、意外と簡単です。
これから、詳細なwordpress構築の記事をどんどん更新していきたいと思います。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました