KVMのコマンド一覧 virsh virt

スポンサーリンク

KVMとは

KVMについては、こちらをご覧ください。
今回は、基本的なコマンドを紹介します。

libvirtについて

libvirtとは、主にLinuxの仮想化環境を管理するためのライブラのことです。
KVM、QUEM、Xen等を操作するためのAPIが用意されvirshコマンドやC,Pythonといった言語から仮想環境を管理することができます。

基本的なコマンド

  • 仮想マシンの作成
$ sudo virt-install \
--name=<ドメイン名> \
--vcpus=<仮想CPUの数> \
--memory=<メモリの容量> \
--disk <仮想イメージの保存場所>,size=<仮想ディスクの容量> \
--network <ネットワークの指定> \
--cdrom=<インストールメディア等の指定>

$ sudo virt-install \
--name=centos7 \
--vcpus=2 \
--memory=1024 \
--disk /var/lib/libvirt/images/centos7.img,size=50 \
--network bridge=virbr0 \
--cdrom=/var/lib/libvirt/images/CentOS-7-x86_64-Minimal-1708.iso
  • グラフィカルコンソールの起動
$ sudo virt-viewer <ドメイン名>
  • GUI管理ツールの起動
$ sudo virt-manager
  • 仮想マシーンの複製
$ sudo virt-clone \
-o <オリジナルの仮想マシン名> \
-n <クローンの仮想マシン名> \
-f <オリジナルの仮想マシンのディスク>
  • 仮想マシンの起動
virsh start <ドメイン名>
  • 仮想マシンの停止
virsh shutdwon <ドメイン名>
  • 仮想マシンの一時停止
virsh suspend <ドメイン名>
  • 仮想マシンの再開
virsh resume <ドメイン名>
  • 仮想マシンの強制停止
virsh destoroy <ドメイン名>
  • 仮想マシンの再起動
virsh reboot <ドメイン名>
  • 仮想マシンの自動起動設定
virsh autostart <ドメイン名>
  • 仮想マシンにコンソール接続
virsh console <ドメイン名>
  • 仮想マシンの一覧表示
virsh list

※ –all をつけることで、停止中の仮想マシンも表示できる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました