Ubunt14.04 + KVMで完全仮想化

スポンサーリンク

今回は、Ubuntu14.04に仮想化環境を構築していきます。

KVMとは

  • 「Kernel-based Virtual Machine」の略称です。
  • Linux kernelのハイバーバイザーとしての機能を利用して、仮想化を実現しています。
  • 仮想ホストの制御(メモリ、仮想ハードウェアデバイス)はQEMUと呼ばれるエミュレータが担っています。

インストール

  • CPUの仮想化支援機能が有効かを確認する
$ cat /proc/cpuinfo | grep vmx

 何も表示されない場合は、CPUが仮想化支援機能がない、もしくは有効になっていません。
 VMwareやhyper-Vで、仮想化のネスト(入れ子)をしようとすると特別な設定が必要な場合があります。
 また、VirtualBoxやVMware Workstation Player等上の仮想ホストでは、仮想化ができない場合が多いみたいです。

  • kvmのモジュールが読み込まれているかを確認する
$ lsmod | grep kvm

kvm_intelやkvm_amdが読み込まれていれば良いです。

  • モジュールが読み込まれていない場合
$ modprobe kvm-intel

 ※ CPUがAMD製の場合は、kvm-amdで実行してください。

  • 必要なパッケージのインストール
$ sudo apt install -y qemu-kvm libvirt0 libvirt-bin virt-manager bridge-utils
  • 仮想ネットワークが作成されていることを確認する
$ ip link show virbr0
3: virbr0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc noqueue state DOWN mode DEFAULT group default qlen 1000
    link/ether 00:00:00:00:00:00 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff

仮想ホストの作成

  • 仮想ホスト用のISOを準備する
    CentOS
    任意のisoファイルを準備してください。

  • インストールの実行

$ sudo virt-install --name=仮想ホスト名(任意) --vcpus=仮想CPUの数(任意) --memory=仮想ホストのメモリ量(任意) --disk (任意のパス)/(仮想ホスト名)img,size=ディスク容量(任意) --network bridge=virbr0 --cdrom=ISOファイルを指定

 例:

$ sudo virt-install --name=CentOS7 --vcpus=2 --memory=1024 --disk /var/lib/libvirt/images/CentOS7.img,size=50 --network bridge=virbr0 --cdrom=~/kvm/iso/CentOS-7-x86_64-Minimal-1708.iso
  • 自動的に、viewerが立ち上がります

CentOS7

仮想ホストの操作

  • 仮想ホストは、基本的にvirshコマンドで操作します。

  • 仮想ホストの確認

$ virsh list --all
 Id    名前                         状態
----------------------------------------------------
 -     CentOS7                        シャットオフ
  • 仮想ホストの起動
$ virsh start CentOS7(仮想ホスト名)
  • 仮想ホストの停止
$ virsh shutdown CentOS7(仮想ホスト名)
  • 仮想ホストの削除
$ virsh undefine CentOS7(仮想ホスト名)
  • 仮想ホストに接続
$ virt-viewer CentOS7(仮想ホスト名)

最後に

今回は、ubuntuでのKVMを利用した、仮想ホストの起動まで確認できました。
KVMでのネスト(入れ子)は、こちら
ブリッジネットワークの作成、スナップショットの作成は紹介できなかったので、次回にしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました