Pythonの仮想環境にAnsibleをインストール

スポンサーリンク

今回は、Pythonの仮想環境にAnsibleをインストールします。

Ansibleとは

  • ChefやPuppetと並ぶ構成管理ツール
  • 特徴
    • 設定ファイルが読みやすい(YML形式)
    • ターゲットノードにagentをインストールする必要がない
    • ブートストラッピング、構成管理、オーケストレーションに対応
    • 冪等性を担保

Ansibleのインストールについて

Ansibleのインストールの方法は3つあります。

  • pythonの仮想環境にインストール
  • ソースからコンパイルしてインストール
  • OSに直接インストール

今回は、pythonの仮想環境にインストールを行います。

Ansibleのインストール

  • epelのリポジトリを登録
yum install -y epel-release
  • 必要パッケージのインストール
yum groupinstall -y "Development Tools"
yum install -y python-devel sshpass
  • pipをインストール
curl -kL "https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py" |python
  • virtualenvをインストール
# pip install virtualenv
  • pythonの仮想環境を作成
# virtualenv venv(任意の名前でも可)
  • 仮想環境に移行
# source venv/bin/activate
  • ansibleをインストール
# pip install ansible
  • 鍵のペアを作成
# ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa):→空エンター 
Enter passphrase (empty for no passphrase): →空エンター 
Enter same passphrase again: →空エンター 
Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.
  • id_rsa.pubをauthorized_keysにリネームする
# cp $HOME/id_rsa.pub $HOME/authorized_keys
  • テスト用のインベントリを作成
# vi inventory.ini
[servers]
localhost ansible_host=127.0.0.1
  • Ansibleを利用してlocalhostに対して、pingを実行する
# ansible -i inventory.ini localhost -m ping
localhost | SUCCESS => {
    "changed": false, 
    "ping": "pong"
}

上記の表示が出たら成功です。

これで、Ansibleの環境が準備できました!
次回から、ターゲットノードにPlaybookを実行していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました